贅婿李佑 ~入りムコは噂の大詩聖~

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

贅婿李佑 ~入りムコは噂の大詩聖~

★現代の記憶を持ったまま過去に転生した青年が、2つの名家から同時にそれぞれの一人娘の贅婿(=入り婿)となるよう迫られる。ムコ入りだけはゴメンだと、彼が繰り出した窮余の策とは? 現代…

第1話再生
無料で視聴

第1話

『贅婿李佑 ~入りムコは噂の大詩聖~』の動画一覧

まとめ買い

第2話~第15話

第2話~第15話

  • 字幕 
  • 30日間 2,156 pt 〜

    30%OFF

 /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  / 

本編

第1話再生
第1話
  • 39分 字幕 
  • 無料

虐げられてばかりの林家の入り婿・李佑は事故に遭い、大寧時代の虚江県に転生する。上官を怒らせ退職に追い込まれた父に代わり県の役所に入るが、捕吏長の趙成から嫌がらせを受ける。県令の参謀・黄先生は李佑を外に連れ出し、県令が中央の役人・王部郎を招く宴の警備を任せた。行きがかり上、宴の場で詩を作ることになった李佑は、覚えていた清代の詩を書き一同を驚かせる。その中には詩作の才で有名になった北方の解元・隋清風もいた。
第2話

第2話

  • 30分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

李環が歌った李佑の詩は人々に賞賛され、翌日には町中のうわさになった。虚江県の巡検使・劉文通と虚江県一の富豪・関玉良は李佑のことを知り、一人娘の婿にと望むようになる。その夜、李佑の家族が共謀して李佑を泥酔させると、李佑はまたもや秀逸な詩を作り、父・李柏と兄・李佐はこれを布にしたため城門に掲げた。これを見た隋清風は絶望のあまり血を吐き、劉文通と関玉良はいよいよ李佑を手に入れるべく策を練り始めるのだった。
第3話

第3話

  • 32分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

劉文通は李柏を泥酔させ、関玉良は李佐をいかさま賭博で負けさせて、それぞれ李佑の婿入り同意書を手にする。劉家には、原因不明の病で声が出ない娘・心玉を他家に嫁がせるのは忍びないという事情があった。また関家も娘の綉綉以外に子どもがおらず、家を守るためには婿を取るしかなかった。劉家と関家では競うように祝言の準備を進め、劉文通と関玉良がそろって李佑を家まで迎えに来た。こっそり裏門から逃れようとする李佑だったが…
第4話

第4話

  • 32分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

逃げようとした李佑だが、先回りした劉文通に捕らえられ劉府入りするはめになる。しかし劉家の娘心玉は結婚を嫌がり、文を残して家出をする。慌てた劉家は代役としてめんどりを用意しようと奔走する。対する関玉良は、一旦は劉家に出遅れたものの諦めず、鶏を買い占め、これを阻止しようとする。反目する両家は対峙するが、ここで初めて両家ともに「婿入り同意書」があることが発覚。新婦は家出し、鶏も手に入らない劉家は困り果てる。
第5話

第5話

  • 33分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

事態がこう着しているところへ隋解元が現れ、李佑は両家に婿入りすればよいと提案。さらに陳県令は李佑の意見も入れ、3年後までに李佑の財力が関家を、官位が劉家を越えれば婿入りを取り消し、両家の娘を李家に嫁入りさせるという取り決めを結ばせた。かくして祝言も終わり、両家の婿となった李佑に仕事の上でも災難が降りかかる。厳秀才の夫人の失踪という難事件を担当するはめになったのだ。李佑は父の力を借り、捜査に乗り出す。
第6話

第6話

  • 32分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

李佑と李柏は真犯人をおびき出す餌として悪徳船頭を捕らえ、黄先生に協力を仰いだ。牢に現れたのは捕吏長・趙成。李佑は彼を尾行し、厳夫人が監禁されているのを発見した。趙成は厳家に身代金を要求していたのだ。趙成と対峙した李佑は危ういところを謎の女(正体は劉心玉)に救われる。そこへ黄先生が手勢を率いて到着し趙成を捕縛。事件は無事解決し、李佑は捕吏長に任命された。そしてこの日、李佑は初めて関家へ足を踏み入れた。
第7話

第7話

  • 33分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

関家で歓待される李佑だが、夜の床入りは受け入れられない。そこで綉綉に帳簿の「数字」を教えることで初夜をなんとかやり過ごした。翌朝出仕途中、興児から「詩を売れ」との申し出を受けるが、拒絶して彼女の機嫌を損ねてしまう。県令補佐の女を敵にまわすのはマズいと助言する啓年に従い、2人は曲水流觴にやって来た。ところが同じ夜、劉氏・関氏もこの楽坊に来ていた。そこへ夫を捜して夫人たちが乗り込み、楽坊は大騒ぎになる。
第8話

第8話

  • 31分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

李佑は、歌姫たちは自分が呼んだと2人の義父をかばった。その夜心玉が劉家に戻り、李佑と固めの杯を交わしたが、寝所は別々で侍女が一晩中見張っていた。翌朝、出勤途中の李佑は呉典史から城外の現場に行くよう指示されたが、これはわなで、職務怠慢で罰を受けそうになる。陳県令に助けを求め曲水流觴に駆け込んだ李佑は、歌姫に関する詩と姚興児を揶揄する詩を詠んだ。隋解元は蘇州府9県を巡る旅に出ると言い、李佑に別れを告げる。
第9話

第9話

  • 33分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

心玉は覆面をして関家に忍び込み、綉綉が読んでいた「陰陽和合考」を盗んだところを李佑に見つかるが、李佑は趙成の件で自分を助けてくれた者だと気付き心玉を逃がした。翌朝李佑が役所へ行くと、陳県令から捕吏長の職を解く代わりに書吏にすると告げられる。里帰りして家族と昇進を喜び合ったが、父・李柏は、呉典史に気をつけるよう李佑に警告する。税の滞納者のところへ徴税に行く仕事を任された李佑は、訪れた村で韓小竹と出会う。
第10話

第10話

  • 31分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

韓小竹の家の困窮ぶりを見かねた李佑は税を肩代わりする。恩を感じた小竹は身売り証文を持って李佑を訪ね、李佑付侍女となる。税の徴収を通して虚江県の庶民の貧しさに心を痛めた李佑は新たに詩を一遍詠むが、それを評価され、またもや出世を果たした。父から気をつけるようにと言われた呉典史のもとを去り、今度は正式な礼房吏員となったのだった。一方、劉家夫婦は李佑が両家どちらの娘とも初夜を終えていないことを知り喜ぶ。
第11話

第11話

  • 31分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

李佑は啓年に誘われ、曲水流觴の李環を訪ねる。李環は詩の礼を述べると共に李佑に弟子入りしたいと申し出るが、李佑はそれを断り新たな詩を贈った。小竹は関家で余っていた食材で調味料を作り、その味で皆を驚かせる。蘇州府からの命で各県令は雨乞いを行うことになり、礼房に移った李佑が準備を担当。だが県内の宗教団体は談合して雨乞いの費用をつり上げていた。李佑は彼らに頼まなくてもよい方法を考えつき、陳県令に提案する。
第12話

第12話

  • 31分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

李佑が考えた策とは、午の刻までに雨が降らなければ県令自ら身を焼くと宣言し、その場で李佑たちが止めるというものだった。作戦は図に当たり、陳県令は民の支持を得る。蘇州府からの通達で肉が食べられない中、李佑は大豆で肉そっくりの物を作り、綉綉と協力して「雨乞い肉」の名で売り出し好評を博す。雨乞いの後、一月余りたっても雨は降らず、県令の失脚を狙う周県令補佐と呉典史は龍王廟の者たちを使い、役所に抗議に行かせた。
第13話

第13話

  • 31分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

抗議の群衆の前に出た李佑は、龍王を足蹴にしてみせる。そして、更に詩を詠むと、たちまちにして雨が降り始めた。うわさはすぐに広まり、「雨乞い肉」は売り上げを伸ばした。気をよくした綉綉は虚江以外でも商品を売ろうと、李佑に相談する。李佑は「それはフランチャイズ経営だ」と彼女に教える。一方日照りの影響で閉店していた曲水流觴がまもなく再開すると聞いた厳秀才は、李環との仲を取り持つように付人才に命じる。
第14話

第14話

  • 31分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

厳秀才は李環に身請けの話を持ち出し、世をはかなんでいた李環はそれを受けようとする。しかし隋解元と共に曲水流觴に来ていた李佑はまた新たな詩を詠み、生きていることそのものの価値を説いて彼女を思いとどまらせる。その詩を聞いた隋解元は、故郷に戻らずに虚江県にとどまり、李佑に仕えることを決めた。一方、李佑に身請けを邪魔された厳秀才は付人才に言いつけ、呉典史も巻き込んで李佑を陥れるためのわなを準備するのだった。
第15話

第15話

  • 33分 字幕 
  • 2日間 220 pt 〜

呉典史は町のならず者を使い、李佑に女性を襲った罪をきせようとする。しかし裁きの場でならず者たちの証言にほころびが出たことで、結局は呉典史の差し金だとばれてしまった。呉典史はその場から逃亡し、李佑が典史に昇格した。李佑を陥れることに失敗した厳秀才は、父の厳挙人に李環を身請けしたいと頼む。その後、李佑が李環を側室にするという話が広まり、激昂した劉文通が大刀を手に李佑に迫ったため、李佑は関家に逃げ込んだ。